腰の痛みが変化するか?

姿勢の変化や運動によって腰の痛みが変化するかで疾患の違いがあります。
姿勢が変化するのは制定外科的疾患で変化しないのは内科的疾患です。
姿勢は、座る 立つ 歩く 反るのどれかに当てはまるかです。
立っているのに痛くないのに座ると痛いのが椎間板ヘルニアです。
経っていると痛い歩いている、反ると痛いのが脊柱管狭窄症です。
加齢で椎間板や骨が変形してしまうこともあります。
神経圧迫し痛みやしびれなど。
二つが整形的外科
最近増えているのが高齢の骨粗しょう症です。
背骨には立っているだけで体重の二倍の重力がかかります。
圧迫骨折が進行すると日常生活のちょっとした動きで圧迫骨折してしまう。
そのまま骨が固まってしまうと背骨が曲がってしまいます。

コメントは受け付けていません。