比較的かんたんに訂正や変更ができる

自分の名前を選ぶことは出来ないので、宿命のようなものですね。
突拍子もない読み方の子供さんについては、ひとごとではありますが不憫になります。
本人がそれで良いのならば、もちろん問題はありません。
しかしそれが悩みになり自分の行動が委縮していまう、本人を否定させてしまうようであれば変更する必要はあると思います。
戸籍に登録される情報は名前の漢字、ひらがな・カタカナも可能です。
だから読み方については、住所地の役所に申請すれば、比較的かんたんに訂正や変更ができる場合が多いそうです。
漢字に問題がなければ読み仮名だけでも帰れば、ずいぶん違うでしょうね。
周りに影響されるのは学生時代が多いでしょうしこの事実はもっと広がるべきだと思います。