全てに疲れる

鯨統一郎さんの本は読んだことがあって、あまり印象はなかったような気がしたんですが[銀幕のメッセージ 女子大生桜川東子の推理]を読んだら思い出しました。
おそらく好みではないから何冊も読んでいなんだろうなと。
とにかく、推理が始まるまでが長すぎる。
そしてやっとはじまったかと思たら、ダラダラと話し混むだけ。
とりあえず犯人が知りたいと思って読みましたけど時間の無駄でしたね。
あとはうっとうしいキャラクター。
小ネタとか芸能人のこととかはさんでくるのが嫌。
あとはそれを主人公が内心で突っ込みを入れているのも。
慣れてくればだいじょうぶかと思ったけど全然だめでしたね。
全てに疲れるうえに気に入るキャラもいないし読んだことを後悔しています。