脳と筋肉を騙す

脳と筋肉を騙すという興味のあるテレビ番組が放送されていましたよ。
握力が全然ない人は1.7倍死亡リスクが高いそうです。
私も握力がない方なのでどきりとする話題です。
体を動かすことは非日常なことなので、続かないものなんだとか。
脳が臆病になっているってちょっと面白いですね。
脳はいつもやっていることには拒否反応を示しません。
ごはんや歯磨きは毎日やっているのでそういうものですね。
普段やらないことは体に無理をさせまいとブレーキをかけるのでここを利用する!
普段の生活の中に体力づくりをまぎれこませると脳が気付かずにブレーキをかけることをしません。
スロートレーニングだと30%の運動でも有効的ということは、歳をとった人にはとてもいい方法ですね。