葉酸とビタミンB6

心臓病対策には葉酸とビタミンB6が良いのは薬剤師という職業柄と台所を任される人間としては知っています。
今の季節だと菜の花ですかね。
心臓病のリスクが下るのは抗酸化作用がビタミンB6にあって大腸がんになりにくいからです。
水溶性なので湯すぎると出てしまうのが困りますね。
30秒くらいさっとゆでて、水につけないでそのまま食べるのがいいです。
抗酸化力が一番良い状態は30秒茹でるのが一番いい。
効率よくとるのはシチューやグラタンなど。
乳製品に含まれるカルシウムと一緒にとると吸収力アップします。
菜の花は苦くて苦手なんですけど味の強いものと一緒に食べると栄養面でもいいので工夫して食べていますよ。
近所のおじさんがたくさんくれるので、最近は菜の花ばかりです。