予防接種法の変更

4月から予防接種法に基づく定期接種対象に追加されることが合意にいたりました。
それは子宮頸ガンとインフルエンザ菌b型と小児用肺炎球菌の3ワクチンです。
女性目線からすると子宮頸ガンに注目しています。
予防できるガンなのだから予防接種はすべての女性に受けて欲しいし受けるべきだと考えるからです。
予防するという意識の啓発になりとてもいいことだと思います。
医療費の増大など課題もありますが、まずは病にならないことです。
病にかかった場合の方が金額はあがります。
予防の方にお金をまずかけるのが正解ではないかと個人的に思います。
それは国のためにもご自身のためにも、また家族や関係者にとってもそうですよ。
誰だって病気になんてなりたくないですからね。
しかし予防というのはおろそかにしがちです。