新型ウィスルの感染者

新型ウィスルの感染者がいない県があります。
その数少ない県に遊びに行こうなんて考えるのは大きな間違いです。
そこはウィルスのいない観光地ではないし、避難場所でもありません。
私にとっては祖母がいる県だし、後輩薬剤師Pちゃんにとっては大事な聖地がある県だったりします。
都会と違って病院ももちろん少ないし、高齢者だらけ。
遊びにきた人がウィルスを持ってきたらどうするんだと思いますよ。
そういう、自分たちが楽しければよいみたいな想像力に乏しい人達は本当に消えて欲しいですよ。
現在は楽観視して良いところなんてどこにもありません。
仕事がなくなり、失業したり、解雇されたり、お給料が出なかったりと、みんな辛い思いをしているのでもっと勉強しろ!!

レジと神社のお賽銭箱

タピオカの次に流行るのはバナナジュースと数か月前から話題になっていましたね。
濃厚なバナナジュースは美味しいそうなので私も興味があります。
そんなバナナジュース店に侵入してわずか40秒で窃盗を終了させた状況が映っている防犯カメラを見ました。
ちょっとわからないのですが、お店にお金を置いていくものなんですかねと思ったら現金は10万円で壊されたドアやレジで総額30万円くらいの被害だそうです。
お店にお金を入れて置く方もよくないとか聞きますし、ついつい被害者の落ち度を指摘したくなっちゃいます。
あとはレジはおもいっきり開けっ放しにしておくと壊されないというのは、神社のお賽銭箱と一緒です。
両方とも中身よりも本体を壊される方が被害額が大きいからです。

「背中の蜘蛛」

誉田さんの「背中の蜘蛛」を読みました。
刑説もの小説ならハズレはないと思ったのですが、今回は好みの話しではありませんでしたね。
入れ替わり立ち代わり視点がころころと変わるので読みにくい・・・のは私の脳がついていけないだけかなとも思います。
小説を読んでいると生まれながらの悪党はいないけれど、育った環境と育てた人によって性格は形成されてしまうのだからそこでいろいろ決定してしまうもんだなと思います。
酷い目にあった人が他人を酷い目にあわせて良いなんてことはもちろんありません。
過去のトラウマで善悪がおかしくなってしまうなんてどうしようもないというか・・・。
トラウマがあっても他人が傷つけない人もいるけどその逆の人は止めようがない気がします。

人材って大事だな!!

自宅の近くにいつの間にか出来ていた新しい病院。
実家の母が最初に行っていて、狭いし壁が白くて圧迫感があると言っていました。
ちょっと検査の必要があってそこの病院でも出来たので私も行くことにしました。
仕事を少し早く早退して行ってきたのですが、とても感じが良い病院でしたよ。
対応してくれた受け付けの人も先生も採血をしてくれた看護師さんも優し気でしたしね。
その事を伝えたら反論の山でした。
私に対応してくれた人と同じ人かどうかはわかりません。
そうなってくると病院全体というよりも、その時にいたスタッフさんによるということすね。
病院じゃなくてもどこでも人によって印象は大きく変わるでしょう。
人材って大事だなと思います。

電動スケーターの事業

人類最速の男、金メダルで有名なウサイン・ボルト。
電動スケーターの事業を進めているそうな
フランスでも流行っているそうだけど、車の間をすり抜け映像を見ました。
バイクのすり抜けだって危ないと思うのに、あんな小型のものがすいすい進んでいたらそりゃ、事故にもなりますよ。
車のドアが開いた時にぶつかるとか、停まっている車をすり抜けたら車にぶつかるとか。
ぶつかるのは電動スケーターの方だけど、悪いのも電動スケーターですよ。
ぶつけた車の方が被害者だとしか思えません。
日本では原付バイクと同じ扱いなので、公道で運転するには免許とヘルメットとナンバーが必要
20キロくらい出るそうです。
あんなふらふらしたものが公道を走っていたら邪魔ですよ。
ボルトは売るのではなくシェアリングサービスに手を出すとか。
シェア自転車だってうまくいってないし、迷惑だなとしか思えませんでした。

伝える努力はしたい

子供へのしつけと称した暴力には反対です。
でも道路に飛び出して轢かれそうになった子を平手打ちした親の行動をどう思うかというのに対しては違います。
死んだかもしれない事を目の前でされて母親もショックだったんでしょう。
咄嗟に手が出る事が絶対にないという自信はありません。
叩いてしまってそれ以上の暴力は反対です。
でもどんなに危なかったのか言い聞かせることが必要です。
そして必要なのは最後に抱きしめてどんなに大切に思っているか伝えることだと思います。
それは大人だって難しいことではあります。
海外だとすぐにハグをして愛していると言いあいますよね。
そこはいつも羨ましいと思います。
そこまで大袈裟に表現できないとしても伝える努力はしたいと思います。

チーターを飼ってそれを自慢する

現在は中東のお金持ちのあいだでチーターを飼ってそれを自慢するのがブームなようです。
子供の頃から飼っているから慣れているとか言ってますけど信じられません。
動物園だって亡くなる事故だってあるのに、なんで自分は大丈夫だという自信があるのでしょうか。
広大な大地で走りまわるのに、いくら広いとはいえ室内で飼うと肥満になり寿命が縮まる可能性があります。
サウジアラビアでは自宅で猛獣を飼った場合は15万円の罰金になりました。
いやいや、お金がありあまっているお金持ちからしたら罰金だって気にしないと思いますけど!
人気がありすぎて個体数の減少が起きているのも問題で、密輸にもつながっているこんなブームはなくなればいいのに。

比較的かんたんに訂正や変更ができる

自分の名前を選ぶことは出来ないので、宿命のようなものですね。
突拍子もない読み方の子供さんについては、ひとごとではありますが不憫になります。
本人がそれで良いのならば、もちろん問題はありません。
しかしそれが悩みになり自分の行動が委縮していまう、本人を否定させてしまうようであれば変更する必要はあると思います。
戸籍に登録される情報は名前の漢字、ひらがな・カタカナも可能です。
だから読み方については、住所地の役所に申請すれば、比較的かんたんに訂正や変更ができる場合が多いそうです。
漢字に問題がなければ読み仮名だけでも帰れば、ずいぶん違うでしょうね。
周りに影響されるのは学生時代が多いでしょうしこの事実はもっと広がるべきだと思います。

プリントされた他国の言葉

私はぜんぜんおしゃれな人間ではないので、おしゃれのセンスなんてものはわかりません。
胸元にドーンとブランド名が入っている洋服を着ているのってかっこ悪いと思うんですけど、やっぱりそれは人によるんですかね。
ブランド名前以外にも、英語で書かれててあるのも私は避けるようにしています。
そもそも、なんて書いてあるのか分からないのが嫌です。
わざわざ調べてまでして着用もしたくない。
ブランド名入りのTシャツくらいならまだマシですけど、昔ながらのトレーナーとなると本当に最悪な趣味だなと思ってしまいます。
家の中にいるおばあさんならいいけど、外出するのにソレで本当に恥ずかしくないの?ってなりますよ。
やっぱり文字は避けますね。

並んでも食べられないカレー

並んでも食べられないカレーを売っているお店があるそうです。
仕込みの時間がめちゃくちゃかかる、拘りのカレー。
一日20食も作れないって致命的ですね。
玉葱だけでも6時間煮込むし他にも時間をかけているのに800円!
開店前から並ぶ人がいてランチ真っ最中なのに売り切れてしまいます。
毎日売り切れるのはいいけど、それで利益はあるのかね?
と思ってしまいました。
もちろん、その他の料理はあるのだからそれだけではないでしょう。
こだわりの料理を作りたい、問題はお金じゃないって人はいるのでしょうけど家族とかはどう思っているんですかね。
人様の金銭事情にとやかく言うべきではないのはわかります。
ただ、その裏事情はちょっと気になっちゃいました。